ビーチバレーとバレーの違い

戦い方の違い

ビーチバレーとバレーボールにはルール上の違いがありますが、その戦い方にも若干の違いやコツがあるのです。まずはパスの技術についてですが、ビーチバレーは少しホールディング気味にオーバーパスを行います。また、トス以外でのオーバーハンドは基本的に反則となりますので注意が必要です。そのパスですが、ビーチは風の影響を受けやすいところですので、高く上げず、低く短いパスが主流となります。

次にサーブについてですが、わざと高く打ち上げることで、風の影響を受けやすくさせ、相手が取りにくいボールとなります。また、太陽が真上にあるときはその眩しさを利用することもあるのです。そしてコツとしては、ビーチバレーはサーブを取った選手がアタックをすることになります。つまり、アタック力が低い選手を狙えば、相手の攻撃力を抑えることができるのです。

他にも、攻撃面では足場が悪いことを利用して、相手の意表を突く場所を狙うのが有効となります。カットやライン、ディープなどがそれに当たります。防御面では、ブロッカーがアタックのコースを押さえたり、フェイクを利用してレシーブしやすくしていきます。このようにビーチバレーには独特の戦術があります。しかし、まずは習うよりも慣れろ、楽しみながら行うのが先決でしょう。